日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】

ご挨拶

当サイトをご訪問いただき、ありがとうございます。
当サイトでは、アウトドアでバーベキューをしてみたいという方が、
これは揃えておいた方がいいというグッズをご紹介しています。
リストをクリックしていただければ、楽天市場から該当のグッズを瞬時にピックアップしますし、
もしリストがない場合は、下部の検索窓から検索することができます。

サイト設営

バーベキュー場に到着したら、まずサイトの設営です。
本格的なテントまでは不要ですが、日影を作るためにタープはあるといいです。

タープ / バーベキューテーブル / アウトドアチェア / レジャーシート / 虫除け /

お子さんの昼寝や、汗をかいた時の着替え用には、これがあると便利!

→ ワンタッチテント /

【タープに関するワンポイント知識】
タープには色々な形の種類があります。
レクタタープは長方形、ヘキサタープは六角形、ウィングタープはひし形。
うちはヘキサタープを使っていますが、夏場以外のバーベキューならウィングタープでもいいかもしれませんね。

調理場所の設営

サイトの準備が整ったら、メインのバーベキューの準備を始めます。
バーベキューの場合は炭での調理がメインになりますが、ガスコンロを持っていってもいいですね。

バーベキューコンロ / バーベキュー鉄板 / バーベキュー網 / / トング / 着火剤 / ウォータータンク / クーラーボックス / 保冷剤 / 軍手 /

当然、食器やカトラリーは必要ですが、これはあるものや紙の簡易品で代用することができます。
こだわりたい人はこちら。

→ アウトドアカトラリー /

バーベキューの食材

私、以前に食材にばかり注目して、油を忘れたことがあります。(その時はマヨネーズで代用)油や調味料なども忘れないようにチェックが必要ですね!

定番の食材はこちら(野菜類は、キャベツ、ニンジン、とうもろこし、玉ねぎ、シイタケなどが定番です。)

どの食材も、バーベキューの前日に、切ったり、下味を付けたりする下準備をしておき、当日はそのまま焼くだけの状態にしておくことがポイントです。

【肉類】
リブステーキ / サーロイン / ローストビーフ / ソーセージ /

別に高い肉を用意する必要はありません。タレがポイントとも言えますね。



【海鮮類】
海老 / 生ホタテ / サザエ /

【主食類】
焼きそば / 焼きおにぎり / ピザ /

【菓子類】
マシュマロ / ポップコーン /

何を持って行ったらいいか考えるのが面倒な方は、BBQセットを用意する手もありますよ。

→ バーベキューセット /

調理前のハードル

調理開始前のハードルといえば、火起こしではないでしょうか。なかなか炭に着火できない時もありますよね。

【炭に火を付ける際のポイント】

・着火剤は一番下。その上に割り箸や小枝などの燃えやすいものを重ね、最後が炭の順番です。
・空気の通り道を作るように炭を組み、最初から大量に置かない。
・炎は下から上へと向かうので、炭は横に並べるのではなく、縦に積み上げるように組みます。
・火がつく前にうちわなどで扇ぐと、温度が下がり着火しにくくなります。
・時間的に長持ちする備長炭などは、完全に火がついた後に足すようにするのがオススメ。
※食材を焼き始めるのは、炭から炎が出ている時ではなく、熾火になってからです。

合わせて、このような便利グッズも揃えておきたいですね。

チムニースターター / 火消し壺 / チャッカマン / 着火用バーナー /

お手軽バーベキュー

もっと手軽にバーベキューを楽しみたいという方は、手ぶらで行って、簡単にバーベキューが楽しめるサービスがあります。
大人数でのバーベキューで、準備が大変という場合などには、すごく便利なサービスですね!

ページトップへ