貧血

貧血

貧血改善の方法です。

貧血 原因

貧血は血の量が少なくる状態と考えがちですが、実際には酸素を運ぶ赤血球の数が少なくなる状態のことをいいます。鉄分が不足すると赤血球の主成分であるヘモグロビンの量が減少します。そのため体に十分な酸素を送ることが出来なくなって、ふらついたり立ちくらみが起きたりするのです。実際には色々な種類があるのですがが、90%以上はこの鉄分の不足によって引き起こされる鉄欠乏性貧血であるようです。
その他の種類としてはリウマチ、膠原病、癌などの慢性疾患によるもの、妊娠によって起きるもの、現在難病の指定を受けている再生不良性と呼ばれる、血球自体が作られなくなる病気によるもの、溶血性と呼ばれている、内因的、もしくは外因的に赤血球が溶血してしまうものなどがあります。

貧血 症状

疲れやすい、食欲不振、頭痛、動悸・息切れ、血色不良(顔色が悪い)、めまい・立ちくらみ、眠気などが特徴的な症状です。このような症状が現れた場合、単なる身体的な疲れと判断してしまいがちですが、この症状が進行していきますと次のような症状が現れてきますので、判断基準のポイントとなります。
■舌の表面がツルツルになり、物を食べる時にしみる。
■口角炎ができ、唇の両端に亀裂、腫れなどが起きる。
■食べ物が飲み込みにくくなる。
■枝毛・抜け毛が多くなってくる。
■爪が反り返ってきて、スプーンのような形状になる。
このような症状が現れた場合には、すぐに病院で受診してください。尚、強い眠気の症状が起きている場合は低血糖になっている、もしくは低血糖を併発している可能性がありますので注意が必要です。

貧血 治療

鉄欠乏性貧血の場合、慢性的な出血や極端に偏った食事など、明らかな原因があることが多いのでまずはその原因を特定し、取り除くことが治療の第1歩となります。それでも改善が見られない場合は鉄剤を服用することになりますが、この場合は長期に渡る可能性があります。
鉄分の摂取量が少ないことが原因の場合は、鉄剤を服用することで改善が期待できますが、鉄分の摂取はしているにもかかわらず、鉄分を吸収しにくい体質になっていることが原因の場合があります。その場合は専門医に従って食事療法などで根本的な体質改善を図る必要があります。

貧血 トップへ戻る